catehedimg001

狂犬病予防接種

vaccine001

4月(年1回)

犬からの感染が多いので「狂犬病」と「犬」が名前に含まれていますが、他の哺乳動物からも感染する事がある致死率100%の恐ろしい病気です。生後91日 以上の犬の飼い主には、毎年1回の狂犬病予防注射を受けさせることが義務づけられています。 予防注射を行った犬には狂犬病注射済票が交付され、 着用が義務づけられます。 この法律に意図して違反すると狂犬病予防法第27条 20万円以下の罰金が科せられる場合があります。集団検診の他に、動物病院でも接種が可能です。